papatochildren’s diary

一般社団法人Papa to Children(PtoC)の活動報告ブログです

2020/12/16「パパの安心空間@zoom」パパ未来会議#14

ACTIVITY
編集

こんにちは!PtoC代表理事の川元(ぴろし)です!

 先月試してみたらとても良かったため、パパ未来会議をランチタイムにオンラインで開催することにシフトしました!

また、今まで2ヶ月に一度の開催頻度だったところを毎月一度開催することになりました。

パパが繋がる機会が増えて嬉しいです!

f:id:papatochildren:20201221153034p:plain

PtoCポーズでパシャリ!


平日のランチタイムに入れ替わり立ち代わり7名のパパが集まった今回。

ノーアジェンダで話す中でも、さまざまなテーマが浮かび上がってきました。

「コロナ時代の息抜きってどうしてる?」、「娘が大きくなって思春期になったらどうなるんだろう?」「自分の子供と違う性別の子育てってどんな感じ?」「小学校が始まって子どもの習い事が忙しすぎる」などなど、参加者が自分の感じていることを持ち寄りながら、話が広がっていったように感じます。

 

実際に、参加してもらったパパから感想をいただいているので、いくつかご紹介させていただきます。

 

パパの感想①

パパ同士ざっくばらんに話せる場は「楽」だし「楽しい」なぁと改めて感じました。
初対面でも「パパ」という属性と「PtoCの場を求めて参加してくれた」という共通項だけで、だいぶ会話の心理的ハードルが低くなりますね。
そして先輩パパの話がすごく参考になりました!

 

パパの感想②

パパは家庭内でも孤独な方が多いと思います。
でもそれはほぼ仕事で家をでていて、家族との触れ合う時間とかが限られていたりするからなんですよね。
だからPtoCの存在はそんなパパたちの意見交換会の貴重な機会になっていると感じます。

いろんなサークルなんかとタイアップできればもっと多くのパパたちと意見交換できると思います。

私個人としては子育てピークは過ぎておりますが、どんな家庭環境なのかどんな悩みがあるのか、逆にやっぱり家族がいてハッピーだ!という意見を聞けることが貴重です。

 

パパの感想③

時間的に最初の1時間くらいしかいれなかったですが、いろんな家族の話をアウトプットできる場はやっぱり貴重だなぁと思いました。仕事の関係者と、家族の話をすることはめったにないので、心の安定という観点でも凄くいいですね!

 

パパの感想④

同じ”パパ”というつながりだけでどうしてこんなに仲良く話せるのか、不思議な感じがしました。
先輩パパに娘が中学生になった時の予習をさせてもらったり、うちは男の子育児をしているパパの話を聞いて性別の違いも感じたりとたくさん発見がありました。
終わったあとは、またやりたい!という気持ちでいっぱいです。
こんな感じのパパの安心空間があちこちで開かれていたら、生きやすい世の中になるなと感じました!

 

 

色んな感想がありますね!

次回は1月14日(木)のランチタイム、またzoomでの実施を予定しています。

 

新型コロナの感染者数も増えていく中、直接会うことが難しい環境は変わりませんが、PtoCとしては、パパ同士が等身大で話し合える場を、今後も試行錯誤をしながら作っていくつもりです!

 

今後とも、よろしくお願いいたします!

【最新情報】朝日新聞運営の新メディア「みらのび」にてPtoCメンバーの取材記事が公開されました

在宅ワークで子育てとの両立に悩みつつ解決策を模索するパパの事例についてインタビューを受けた記事が公開されました。

 

miranobi.asahi.com

2020/11/18「オンラインパパランチ@zoom」パパ未来会議#13

こんにちは!PtoC理事の金沢(しん)です!

 

前回、日曜日の夜にパパだけのパパ未来会議(「今度はパパ飲み@zoom」)を行ったのですが、夜の時間だと寝かしつけがあって話しにくい、家だとちょっと話しづらい話題もある、という声もあったため、今回は平日のランチタイムにて、初めてのチャレンジをしてみました!

f:id:papatochildren:20201120133410p:plain

未来会議に参加してくれたパパの皆さん


平日のランチタイムという中でも、7名のパパが集まった今回。

テーマなども特に決めなかったため、さまざまな悩みが上がってきました。

「子どもの教育環境」、「パパとしての自分のダメなところ」、「在宅環境のワークライフインテグレーション」などなど、参加者が自分の感じていることを持ち寄りながら、話が広がっていったように感じます。

 

実際に、参加してもらったパパから感想をいただいているので、いくつかご紹介させていただきます。

 

 

「気軽に参加できて出入りも自由の平日オンラインパパ未来会議は、個人的には土日よりも参加しやすいです(^^)久々に子供の同世代以外のパパと情報交換ができたのも良かったです!パパママ問わず、子育ては自己肯定感が満たされにくいので、成功体験や頑張りを共有して、それが「凄いー」や「使える」と言ってもらえるだけでも嬉しいし、聞き手も世代が違うからこそ「今後起きそう」という予測や過去の体験を聞くだけでも得られる物があって、改めて気軽に話せる場の大切さを実感きました!平日の場合は今後も参加してみたい。」

 

「昼間のパパ未来会議はとっても新鮮でした!子どもが小学校・保育園にいってるので罪悪感なく話せる。

「置いてく行くよ」と子どもに言ってギャン泣きされた話をしたり、いつまで経ってもダメなパパなんだよなぁという呟きをみんなが受け止めてくれたり。そうやってワイワイ話しながら、気がついたら妻がコーヒーを淹れてくれてとっても幸せな気分になりました。ぜひまたやりたいです♪」

 

「皆さま、本日は貴重な会にほんとありがとうございました!今後とも宜しくお願い致します。楽しい話から建設的な話までとても有意義な時間でした。こういった場は、大いに価値があると思います!こちらは同じ共感を持てる人はお誘いしても良いのでしょうか?(もちろんです!!)」

 

「子どもの教育環境について、真面目に考えるキッカケになりました。そしてやっぱりパパ同士で話すの楽しいね!場を作らないとなかなか日常の中で発生しないイベントだから、PtoCが場を作ってることはやっぱり価値があるんだと思えた。」

 

といった、気軽に話せる場について、平日だからこそハードルが下がったという声もあれば、

 

「今日もとってもいい場でした。仕事との関係では休憩なんだけど、家事育児との関係では情報収集の場みたいな感じで、有意義だった。ちょっと疲労感があるのが気になるところ。気になる話だから少し前のめりに聞いちゃったのかも?次回があればもう少し休憩よりの時間にしようと思った。」

 

など、仕事と休憩のバランスをどう捉えるか、というところでやや苦戦する声も。

 

全般的に、平日のランチタイムでの実施は好評の声も多かったので、継続してやっていこうと思っています!

次回は12月16日(水)のランチタイム、またzoomでの実施を予定しています。

 

新型コロナの感染者数も増えていく中、直接会うことが難しい環境は変わりませんが、PtoCとしては、パパ同士が等身大で話し合える場を、今後も試行錯誤をしながら作っていくつもりです!

 

今後とも、よろしくお願いいたします!

2020/10/04「今度はパパ飲み@zoom」パパ未来会議#12

こんにちは!

PtoCのぴろしこと、川元 浩嗣です。

急に寒くなる日も増えてきて、秋の深まりを感じますね。

 

さてそんな中、10月のパパ未来会議を開催したのでこちらでご報告します。

f:id:papatochildren:20201015180004j:plain

集合写真はPtoCポーズで!

 

こんなにも思いっきり悩みをさらけ出せるって、それ自体がなんて素晴らしいことだろう❗️
孤立しがちなパパが等身大で繋がっていくと、きっと世界は平和になると確信しました🕊

 
10/4日曜日にパパ未来会議#12を開催しました!
前回8月は「子どもとオンラインで楽しむ」をテーマに開催しました。
当初の意図通りではあったのですが、やはりオンラインで子どもといるとパパの悩みを相談することはできない。

 
ということで、8月子どもが楽しく、10月はパパが楽しくという2回1セットのイメージで今回は「パパ飲み」を開催しました。
なるべく家族に負担をかけないよう、夜遅くからスタート。
子どもの寝かしつけを終えてからバラバラと駆けつける総勢約20名のパパたち。
(寝落ちしてこれない人も…育児あるあるです!笑)

 
人数が増えてからは「夫婦関係」「教育」「イヤイヤ期」「キャリア(パパになると働き方もセットで変わる)」の4つのテーマでroomを分けました。
各部屋それぞれで各自色んな家庭模様が交錯しました。

 

僕は夫婦関係のroomに参加したのですが、こちらはセックスやセックスレスに纏わる話とか離婚の危機とか、、とってもディープな中身になったのであまり詳しくは書けません…笑

 

一つ言えるのは、他の場では到底話せないような話をPtoCの場ではパパたちが安心して話せるということ。

これって物凄いことだと思うんですよね。

何かを解決してもらえる、というよりかは「うんうん」「わかる」といって話を聞いてもらえるだけでどれだけ心が癒されるか。

 

パパって職場でも友達との間でも悩みをさらけ出し辛いんです。

例えばお互いに家族を知ってるような近い関係性でセックスレスの話とかって難しいんですよね。

それが、少し関係性が遠い第三者的関係性だと話しやすい。

もちろん、この人やこの場では話しても大丈夫という安心感があるからこそですが。

 
そうやって、お隣の家庭の話を聞くだけで安堵したり、気が楽になったり、少し先が見えたり、元気をもらえたりするもの。
きっと明日からのそれぞれの家庭が少しずつ良い方向に進むはずです。

 
次回は12月に開催します!
パパの皆さん集まれ〜!!

2020/08/23「子どもにとってのオンラインの楽しみ方、考えてみよう!」パパ未来会議#11@ZOOM

こんにちは!PtoC代表理事のぴろし(川元 浩嗣)です。

今年の夏は命の危険のある暑さが続きましたね。

そして、秋の台風の猛威が迫っており、少しでも被害が少なくなることを祈るばかりです。

そんな中、8月23日にPtoCのパパたちを中心に一般公募のパパも交えてパパ未来会議が開催されたので様子を報告します!

 

 

今回のテーマは「子どもにとってのオンラインの楽しみ方、考えてみよう!」

 

f:id:papatochildren:20200908092217p:plain

今回の幹事はしん(3歳&1歳のパパ)でした♪

 

オンラインでも子どもと一緒に楽しめるこんなにたくさんの方法があるのか!!

というのが僕の一番の気づきでした。

参加したパパからは、

 感想①zoomを切って開口一番、「楽しかった!」とのこと。子どもたちは大満足でした!

 感想②スクリーンショット撮影の時に、「まだバイバイしない❗」と言っていたので、子どもたちも楽しかったようです✨

 感想③ママが家にいるのに二時間、ママのところに行かなかったので助かりました!

と感激のコメントが寄せられました!

すでに分かったことに加えて、まだ眠っているであろう選択肢も含めてこれからの可能性に心からワクワクしました♪

 

 

少しだけ今までの振返りをしてから本題に入りますね。

3月に日本におけるコロナ禍が始まってからパパ未来会議はオンラインへ移行しました。

パパだけの回もやってみたのですが、どこかモヤモヤが残ったんですね。

それは何故か?

 

それまでのリアルの場で一度に実現できていたパパ良し、子ども良し、ママ良しの3方良しが具現化できないからなんですね。

 

パパはパパ友ができて普段の人に言えない悩みを相談できる、子どもはいけば行くほど友達ができて仲良くなる、ママは一人時間が作れてハッピー♪

「パパが子連れで休日にお出かけする。」

これだけでこの黄金のサイクルが簡単に実現できていました。

 

 

それがオンラインになると、子ども同士で触れ合って遊ぶという道が絶たれてしまうので子連れでかつパパが悩みを相談できるというハードルが急に高くなってしまいました。

 

 

でも、家庭の平和を目指すPtoCとしてこの三方良しは諦めたくない。

ということで、まずはオンラインで子どもが楽しめる選択肢はどんなものがあるか?を検証しよう!というのが今回のパパ未来会議の趣旨です。

 

 

前置きが長くなりました。

では本題に。

 

事前に、子どもの年齢に応じて興味を持つ遊びが異なるのではないか?と仮説を立て、〜3歳と4歳〜6歳程度の2つのグループを念頭にコンテンツを分けました。

 

グループ①乳幼児(0〜3歳)向け:

 家にあるもので何か特に用意しなくても楽しめる遊び

グループ②幼児、小学生(4歳〜6歳)向け:

 オンラインゲームなど、少し高度な遊び

 

結果からいうと、年齢に関わらずコンテンツを楽しんでいて子どもたちの遊ぶ力の凄さを感じました✨

それぞれ何をやったか紹介していきます。

 

遊び①色探し

STEP1:折り紙などでリーダーが色を指定

STEP2:子どもたちが家の中で指定の色のものを探してくる

STEP3:みんなに見せる

f:id:papatochildren:20200904172650p:plain

折り紙を使って色指定をすると分かりやすい!

 

 これだけなんですが、とっても強力!

 3歳の次女はもちろん、長女は小学一年生の6歳だったのですが、思いの外喜んでやってました♪

f:id:papatochildren:20200904172728p:plain

クロワッサンクッションやお気に入りのノートを持ってくる子どもたち♪

 

遊び②オンラインかくれんぼ

STEP1:鬼を決める(何人いてもOK!)

STEP2:子どもが隠れる

STEP3:鬼が探す!

f:id:papatochildren:20200904172756p:plain

あっ!あそこにいた♪

あそこだ!と3人の鬼がカーテンの陰を指差しています✨

 

 これだけです笑

 なんですが、これがなにげに凄い臨場感!

 ソファの後ろ!カーテンの陰!とかいって、カメラが向かっていくと「いない!?」「いた!!」と子どもたちは大喜び♪

 ちなみに、鬼が探し始めた瞬間に自分から出てきてしまうという子どものハプニングもとってもかわいかったです♡笑

 

遊び③:似顔絵アイコンを作ろう!

 

STEP1:ゆる顔アイコンメーカーにアクセス!

STEP2:手順に従ってパパ(ママ)の顔を作る

STEP3:みんなに見せる!

f:id:papatochildren:20200904173101j:plain

子どもたちが作ったパパのアイコン♪ 似てる!!


 これもお手軽♪しかも無料でできます。

 最初はパパの顔を作り、次にママの顔、最後に自分の顔を作った子どもは後で喜んでママに見せていました。

f:id:papatochildren:20200904173115j:plain

こちらはママのアイコン♪ かわいいね♡


後から見たママも、「あっ、似てる〜♪」といいながら今日はこんなことしたのねと中身がひと目で伝わって安心感があるようでした。

 

 

こんな感じで前半、後半と時間を分けて各家庭が好きなものに参加。

小学生でも色探しとかかくれんぼとかで楽しめるんだなぁと意外な発見がありました。

 

改善点があるとすると、子どもたちは飽きやすい!

ので、どんどん次々新しいコンテンツに誘導していくとさらに子どもの興味を湧き立てて夢中になると感じました。 

 

 

今回は「子どもとオンラインで遊ぶ方法を考える」という点にフォーカスしたので大成功!

f:id:papatochildren:20200904172547p:plain

PtoCポーズでハイチーズ♪

でしたが、パパの悩み相談との両立の解はまだ見えてきません。

パパが子連れで楽しめる回とパパだけのオンライン飲み会(家族に負担をなるべくかけない時間帯で)を分けるべきかと悶々としています。

でも、諦めずに3方良しの両立を目指したいと思っています。

 

 

次回パパ未来会議は10/4(日)10:00-12:00@ZOOMの予定です。

もしご興味ある方がいらしたらぜひお気軽にコメントください♪

 

 

2020/6/14「”子連れオンライン”パパ未来会議にチャレンジ!」パパ未来会議 #10@ZOOM

 

こんにちは!PtoC理事の金沢(しん)です!

 

気付けばもう6月、2020年もまもなく折り返しです。今年は新型コロナの影響で、例年とは全く異なった生活スタイルになっている方も多いのではないでしょうか?金沢家も、待ちに待った娘の幼稚園がずれ込んだり、育休中の妻が家から出れずにストレスを抱えやすくなったりと、少なからず影響を受けていました。

 

そんな中、6月14日に、パパ未来会議が開催されたので、ご報告いたします。

今回のテーマは、「「子連れオンラインパパ未来会議にチャレンジ!」。

ポイントは、「子連れ」で「オンライン」。大事なことなのでもう一回。「子連れ」で「オンライン」です!大人の皆さんはオンラインで働くことは珍しくなくなりましたが、未就学の子ども同士が、オンラインでコミュニケーションを取り続けることができるのか?という、これまでにないチャレンジをしたパパ未来会議でした。

 

f:id:papatochildren:20200624145102p:plain

 

実は4月のパパ未来会議でも、オンラインで実施はしていました。ただ、そこは「パパだけ」が集まる場であって、子どもは不参加だったんです。今回の幹事である代表理事の川元(ぴろし)が、「パパ未来会議の本質は、子どもも一緒に参加できることだ」という原点に立ち返り、オンラインでの子連れ企画に挑戦。

 

そうなんですよね。パパ未来会議はもともと、「パパの悩みをシェアできるし、子どもは仲良くなれるし、日ごろ頑張れってくれているママに一人時間はプレゼントできるし、開催するだけで最高!」という、無敵の企画だったんです。その本質は、コロナの影響でリアル実施ができなくなっても、変えちゃダメだ!という、ぴろしの強い想いがあり、実施にいたりました。

 

ただ、やっぱりオンラインとリアルは勝手が違います。「そもそも、2時間も子どもがオンラインでじっとしていられるのか」、だったり、「パパの悩みは相談できるのか」だったり、課題は尽きません。実は、本番実施の前に実験的に2回もオンラインで試して、どこまでオンラインででき得るか、試行錯誤していました。(ちなみに私が両日とも参加できずでした・・・ぴろしごめんよ)

 

結果として、2回の実験を踏まえて、今回は「PtoC会員向けの無料実験イベント」として、お試し的な位置づけに変更をし、当日を迎えることになりました!PtoCとして、パパ未来会議の場は根幹でもあるため、自信をもって提供したいものの、オンラインでの実施はまだ固まっておらず、全体に公開して実施するほどの確信が持てない、という苦渋の選択でした・・・。

さて、そんなこんなを経て迎えた当日ですが、7組の家族(大人7名、子ども13名)が参加をする場になりました!いつもの未来会議と比べるとやや人数は少なめですが、参加した子どもは楽しそう!今回は、「各自が作りたいものを「制作」し「発表」する」というスタイルで実施をしたのですが、どの子どももモクモクと取り組み、自慢げに発表していた姿を見ると、成功だったのではないかと思います!! 

f:id:papatochildren:20200711022118p:plain

恒例の未来会議後の記念撮影もオンラインで

ちなみに私の娘(3歳)もとても満足気で、ご本人からは、「お友達と沢山喋れて楽しかった!」、「〇〇ちゃんの作ったものをもっと見たかったー。」、「もっといっぱいしゃべりたかったー!(といいながらもお腹がすいたらしく、一番最初にエスケープw)」という感想をいただいております!(1時間半、ずっとPC画面の前に座りっぱなしだったのが、楽しかった証拠ですね)

 

さて、とはいえオンラインならではの難しさもチラホラ。パパの悩みを相談する、というのはなかなか難しい側面もあるし、ご家庭によっては家からだと入りにくい、という声も。ただ、こういった形で「子連れのオンライン」をスタートできたことは大きな意味を持つと思っています!ぴろし、お疲れ様!

 

新型コロナの影響は予断を許さない状況でもありますが、PtoCは出来ることをこれからも取り組んでいきます!引き続き、応援してもらえると嬉しいです!

 

PtoC理事:金沢

【再開のご連絡〜対外的な新規受注案件ストップ宣言について〜】

こんにちは、PtoC代表の川元です。

年度末の多忙な時期に新型コロナが社会を揺らしている大変な状況となっておりますが、みなさまお元気でしょうか。

 

昨年10月終わりに年内はコア事業に集中するため、新たなコラボ案件やインタビューの対応を一時お断りさせていただく発表をさせていただき、延長後の期限となる2020年3月末が到来しました。

 

多くの時間を要しましたが、お陰さまでコア事業の土台が整いました。

明日4/1より新たなコラボ案件やインタビューの対応を再開いたします。

この5ヶ月の間で下記の進捗がありました。

 

 ・初めての幹事でも開催できるよう「パパ未来会議」の手順書を分かりやすく整備

 ・団体の運営を理事中心の体制から正会員(メンバー)を巻き込んでいく

  体制にシフト

 ・HPや決済システムをエンジニアリングレスで運営できる体制に移行開始

 

理事陣を中心に溜め込んできたノウハウを明文化することで、属人化を防ぎ、仕組みとしてパパ未来会議を運営できる体制にシフトしました。

 

これにより、パパ未来会議の運営が自律化しました。

 

しかしながら冒頭の新型コロナの影響により、リアルイベントを開催することが困難になっております。

 

我々は新たな壁に直面しておりますが、ピンチをチャンスと捉え、今後数ヶ月でオンラインイベントの開催ノウハウを貯め込もうと思っています。

 

そしてその後、いよいよ全国にパパ未来会議を自律分散・拡大していく所存です。

 

団体の運営についても、理事8名を中心とした理事会にて行っていましたが、2月より正会員(メンバー)から運営メンバーを募り、新たに設置した運営会議にてどんどん権限委譲、体制づくりを始めております。

 

社団法人の精神に則り、「一緒に創るPtoC」に名実ともにシフトを加速して参ります。

 

システムについても、今後は誰が運営に加わっても持続可能な形にすべく、エンジニアリングレスで運営できるツールの活用にシフトを進めております。

 

今後も専業のスタッフを置くということはせず、全員本業と家庭を持つ複業メンバーが力を合わせて運営する団体としてやっていきたいと思っています。

 

 

PtoCは次の8月で3年目になります。更なる飛躍のために、当事者である新米パパコミュニティをより濃く熱くパパ達が等身大でいられるセーフティネットとして、よりみんなで遠くへ行くために、焦らず速やかにステージをもう一段あげてまいりたいと思います!!

 

改めまして、応援のほど宜しくお願いいたします!

 

代表理事

川元 浩嗣